• 家族同様の存在

    代社会で、ペットの存在というものはたいへん大きいものです。核家族化が進んだだけで

  • 別れの前にしておきたいこと

    するペットとの別れ。想像すらしたくないほど辛いことですが、その日はいつかやってき

最後にしてあげられること

ねこ

ペットを亡くした時の喪失感は言葉で言い表すことができないほど辛く悲しいものです。
もっと何かしてあげられたのではと過去を振り返り後悔するものです。
ペットに最後に何かしてあげられることと言えば、悲しいですが静かに見送ることだけであることに気づきます。
そこでペットのための葬儀を考えるのですが、葬儀社は多くあります。
また多くのプランが用意されています。
【葬儀場までの遺体を運ぶ方法】
1.自分でペットの遺体を運ぶ
2.搬送車にきてもらう:遺骨は後日自宅に運んでもらう。
3.移動火葬車に出張してもらう:この場合は自宅付近で葬儀となります。

【火葬方法を選ぶ】
1.個別葬儀立ち会いで見送りができる
また火葬後はお骨を拾って骨壷に入れることができて、お経も個別に上げてもらえます。
家族だけで執り行うので最期のお別れも気兼ねなくできるでしょう。
また、自宅に遺体を引取りにきてもらい、火葬後遺骨を持ってきてもらうことも出来ます。
2.合同葬儀何体かの遺体をまとめて火葬する方法です。
自分のペットの遺骨を受け取ることは出来ません。
合同葬儀に比べて費用は高くなりますが、個別葬儀が一般的です。
多くの人がこの方法を選びます。
この方法を選択した場合は、自分で遺体を運び、待合室で待ちます。
他のペットの骨壷や写真や生花が並んでいるところもあり、葬儀時間が来たら呼ばれ、住職によるお経があげられます。
その後最期のお別れをして、火葬となります。

火葬が終わるまでの間は待合室で待ちますが、この時に骨壷や骨壷袋を選びます。
自分のペットに似合う色あるいは好きな色の物を選ぶと良いでしょう。
火葬後はお骨を自分で拾って骨壷に入れますが、蓋が外れないよう固定して、袋にいれてくれます。
これで終了となり、遺骨と共に帰宅することとなります。
自宅で自分で供養することに問題はありませんが、ずっと遺骨をもっていてはいけないのではと考える人もいます。
この場合は供養塔や慰霊碑など永代供養を依頼することもできるところもあります。
料金はかかりますが、安心できます。

オススメリンク

ペット火葬から埋葬まで請け負ってくれる専門業者;ペット葬儀なび

ペット供養は豊富なプランと事例がある業者にお任せ「ペット葬儀なび」

別れの前にしておきたいこと

愛するペットとの別れ。想像すらしたくないほど辛いことですが、その日はいつかやってきます。「そのとき」…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930